FC2ブログ

オリー イン パラダイス<マウイの日々>

ハワイ・マウイ島に住むシーズー・オリーと日系家族の毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジャパニーズ アメリカン

現在、インターネットを通して、日本の番組を観ることができます。

時差の関係で、ダウンロードして見るのですが。。

今見ているのが。。

DSC07914.jpg


シアトルに移住した、日本人家族の歴史を題材にした、5回連続ドラマです。

今日までに、ママ達が見たのは、1~3まで。


涙なしでは、見られないドラマです。


モリオリ家のパパは日系三世。

パパのお母さん、94才のグランマーは帰米二世といい。。

アメリカ本土に生まれ、6歳の時に日本に帰り、女学校まで出て。。

18歳で、再びアメリカに戻りました。


年代は、グランマーの方が20年ばかり前になりますが。。

ドラマの中の戦争前に、日本に帰された二人姉妹と同じ状況でした。


お姉ちゃんが、中学の頃。。

学校のプロジェクトで、グランマーの生涯をインタビューしたことがあります。


グランマーはアメリカ本土生まれ、6歳の頃、実母がお産の予後が悪く、亡くなり。。

実母の姪に当たる方が、後妻に来ることになりました。


その頃、日系人の間では、子供に日本の教育を受けさせることが、一つのステイタスでもありました。


父親は再婚を機会に、前妻の子供3人を日本のお婆ちゃんのところに返しました。

父親は、ランドリービジネスで成功しており、3人の子供達への学費や仕送りも出来るほどでした。

しかし、まだ6歳だったグランマーには、親のいない日本の生活は過酷でした。

今だに、父親に捨てられたと怨んでいます。


日本で小学校に入った時、ちゃんとした日本語も話せないし、読めない、書けない。。

両親の名前を日本語で書けといわれて、書けず。。

親不孝者と、先生に怒られたこと、忘れられないそうです。


クラスメートに、アメリカでの生活を聞かれ、水道からお水とお湯が出ると話したら。。

大嘘つきのレッテルを貼られ。。アメリカ人と苛められたそうです。

今から90年近くも前(大正中期)、日本で水道からお湯が出るなど、信じられないことですよね。

何を話しても、信じてもらえない。。

本当のことを言っているのに、嘘つきと呼ばれる悔しさ。。

すっかり口数の少ない子になってしまったそうです。

英語も極力使わないようにしていたので、すっかり英語は忘れてしまったそうです。


それでも、お婆ちゃんが生きている間は、可愛がってもらい、一応不自由のない生活だったそうですが。。

そのお婆ちゃんが、亡くなると。。

親戚間でのたらいまわしが始まり、一緒に帰った妹や弟とも、バラバラの生活になったそうです。


しかし、アメリカの父親からの仕送りは続いていたので、横浜の女学校を卒業。。


それを機会に、日本生活12年ののち、アメリカに弟と共に帰国しました。

妹さんは、日本に残り、日本で結婚、二人の息子に恵まれましたが。。

ご主人が病気で亡くなり、その後、二人の息子を連れて、アメリカに戻りました。


そして、グランマーは結婚後、しばらくは夫婦で借地の農場で仕事をしていたそうです。


日米開戦が1941年12月。。

ラッキーなことに、内陸部に住んでいたので、強制収容所に行くことはありませんでした。


グランマーの父親が老齢となり。。

夫婦で、そのランドリーを引き継ぎました。


戦後、商売も繁盛し。。

自宅も、1階がビジネス、2階が住居、日本のお風呂まで供えた、ビルディングになりました。


ドラマの題材の一つでもある。。

ジャップという、日本人への差別。。

パパは、今だすごく反応し、怒りの顔をします。

本当に日本人にとって、屈辱の言葉だったそうです。


真面目に一生懸命働くから、仕事を取られる。。

働きすぎるから、自分たちが怠け者に見える。。

外観の違う、アジア人に対する人種差別。。

色々な意味での、ジェラシーや差別が横行していたのでしょう。


パパの話しでは、もちろんすべてのアメリカ人がそうであった訳ではありませんが。。

学校に行っても、自然マイノリティ同士のお友達が多かったそうです。

目立たない、トラブルには巻き込まれない。。

そんな、自己防衛本能も働いたそうです。



蛇足ですが。。

以前、日系人間で、怒りのニュースになったのが。。

日本人ヘアスタイリストのグループが、アメリカでお店を出し。

それぞれの頭文字を取ったとかで「JAP」というお店の名前で開店。

日系人の間から、すごいクレームがつき、店名変更を強要しました。

これは、当然です。

屈辱差別用語を、日本から来た日本人が、日系人のいるアメリカ社会で使う。

事情の分かっている人間からしたら、とんでもないことです。


そして、日本に里帰りした時、テレビでコメディアンが「JAP」と書いたTシャツを着ているのも見かけました。

お姉ちゃんが見てビックリ!

「日本人は、Jap の意味知らないんだね。。」とため息をついていました。




日系人の地位が向上したのは、やはり一世が頑張り、子供達に高学歴を付けたこと。

ソニーを筆頭に、日本製品の品質の向上。。

そして、バブル期の日本の経済発展も多いに関係しているようです。


ドラマはまだ、あと4話と5話。。

楽しみです。


ただ、ドラマの中では、アメリカ生まれ育ちの四世の男の子が、流暢な日本語を話していますが。

今や、日系アメリカ人四世五世、六世の時代。。

残念ながら、英語のアクセントなしで、日本語が流暢に話せる子は、ほとんどいません。

二世であっても、日本語しかわからない両親とは、日本語で話しても、兄弟間では英語が主流になります。

我家でも、数いる親戚の中で、完璧バイリンガルはお姉ちゃん一人。。

お姉ちゃんも、子供の頃は、日本語流暢ではありませんでした。


日本人の母親であっても、なかなか子供に日本語を教えるのは、難しいのが現実です。




3つのブログランキングに参加中です。

いつも応援クリック、ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

br_decobanner_20091217185445.gif



blog tag











スポンサーサイト



| アメリカ記事 | 17:43 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんばんわ~。
そちらでもほとんど同時に見られるんですね!
完全に全部は見られなかったんですが最後まで涙なしでは見られなかったです。
戦争に行った祖父の話はかろうじて聞くことができましたが、アメリカで収容された日本人のお話はほとんど知らなかったんですよね(><
モリオリママたちには身近なお話なのでしょうね~。

同じ日本人として、こういう日本人の存在を知らないことは恥じるべきだなと思います。
頑張った方たちがいたからこそ、今ではやっと認められ受け入れてもらえるようになったんですよね。

ニュージーランドに住む友達がいるんですが、田舎だけあって未だに「Jap!」と言われるそうです。
悲しいです。。。

バイリンガルなお姉ちゃん、スゴイですね~!!

| Meg | 2010/11/08 02:30 | URI |

私もこのドラマ、見たいんですけど、ネットの状態が悪く、見れないんです。
そのうち他で見てみようと思ってます。
アメリカ人でも、意味を知らずして漢字を使用しますが、日本人も意味を分からずして使っていたり、意味不明なのもありますよね。

| ree | 2010/11/08 16:14 | URI |

私も丁度このドラマを見たいと思ってたところなんです。あまりサイトの調子が良くなかったみたいで、スムーズに見れなかったんですが。。。最後まで見てみたいと思ってたところです。ジャスティンのおばあちゃんも純粋日系人ですし、自分自身アメリカで住んでいく日本人として、なんだか学ぶべきトピックな気がしますね。

| miyuki | 2010/11/08 17:49 | URI | ≫ EDIT

お返事

v-485Megさん
アロハ~!
リアルタイムで、見れるんですが、こちら夜中になってしまうので、ダウンロードしてます。
日本人はどこにいっても、頑張る民族ですね。
だからこそ、あんな戦後の復興が実現したんですよね。
まだまだ、日系人も自分の生活で手がいっぱいであったにもかかわらず、戦後復興の支援を母国日本に送ってるんですよね。
ハワイでは、弁護士や医者などは、日系人が多いです。
海外にいると、日本人としての誇りを感じます。
私の場合、アイダホも田舎で白人ばかりの土地柄でしたが、差別的な言葉や扱いを受けた経験が全くありません。
いつも、日本人の代表みたいな気はしていましたが。。(笑)
どこの世界にも、色々な考えの人がいますからね。
お姉ちゃんは、日本のものに興味を持ったことが、言葉習得に役に立ったようです。


v-485reeさん
アロハ~!
あらら、残念。。
日系人と結婚している私にも、知らなかったこと結構ありました。
日系二世以上の人が皆、日本人俳優なので、英語より日本語のほうが上手なのにちょっと?マークですが。
細かいことは、よしとしましょう。(笑)
できたら、パパにみてもらいたいのですが、英語字幕がないので、無理でした。
そうそう、時々変な漢字刺青してる人いますよね。
Tシャツも。
知らないということの怖さかな。。


v-485miyukiさん
アロハ~!
私達も将来の日系アメリカ人ですよね。
ダウンロードしてみたのですが、やはり時々おかしいときありました。
我家も、最近インターネットおかしい時あります。
今日は4を見ます。
ハワイの日系人とアメリカ本土の日系人、ちょっと違いがありますよね。
ハワイの日系人の方の方が、日本語が上手いですよね。
日本の文化も受け継いでるし。

| モリオリママ | 2010/11/08 18:52 | URI | ≫ EDIT

私も見ました。

本当に涙なくしては見れないいい番組でした。
当時の辛さは想像以上だと察しがつきますが
本当にそういった方々の血と涙の苦労の結晶が
今私たちが観光として渡米できる基礎を作ってくれたんだと
思います。多分日本国内でも同じ事がおきて痛んだと思うと
胸が痛みます。もう二度と戦争は起こさないようにしないと
と誰もが意を固めたのではないでしょうか?
モリオリママさんとお身内では実際体験された方がいらっしゃる訳ですからなおさらお辛かったと思います。

| マナティ | 2010/11/08 19:59 | URI |

漢字

うわ~e-350
昨日はコメが反映されなかったみたいです

恥ずかしながら、このTVは
見てないのですが
戦争って二度とやってはいけないことだと
思ってます

人が人を殺めていいわけがないですし。。。
身内が辛い体験をされてるのですね

日本語の特に漢字は、外国の人
好きなんですね~

よく見かけるのですが、その字で・・・
いいの?って方をみかけたことありますe-351

せめて意味を知って漢字の・・・って
思ったりもします。。。e-348

| kokualoha | 2010/11/08 20:29 | URI |

こんにちは、えいと@です。


この映画、観たいです。
明日からBUFを1週間ほど離れるのでその後になっちゃいますけど、
必ず観ます!

日本の雑誌「歴史通」11月号の中で、
時の総理大臣、東条英機氏が「日系二世はアメリカ人である。だからあくまでも自国に忠誠を尽くして当然である」という手紙を書かれたそうです。
東條氏はいわゆるA級戦犯として東京裁判で裁かれ「平和に対する罪」で死刑になりましたが、
東条英機氏こそ、日米の和平を真に望んだ人だったのですね…。
 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1882461/

戦時中の日系人の方々のご苦労は本当にすさまじい物であったろうと思います。
私たちが、今、こうやってアメリカで平和に暮らせるのは、
移民としてアメリカに来られた、そして戦時中の苦悩に耐え抜いてくださった日系人の先人方がおられるからこそであると思います。

     えいと@

| えいと@ | 2010/11/09 09:40 | URI |

お返事

v-485マナティさん
アロハ~!
本当に過去のこと、忘れちゃいけないですよね。
そのために、語り継がれていかないとですね。
お姉ちゃんも、グランマーにじっくり聞くチャンスがあって、本当に良かったです。
学校のプロジェクトにも、いいですよね。
インタビューの相手はご老人なら誰でも、良かったんです。
日本でもこういうこと、やって欲しいですが。。どうなんでしょうね?
422部隊が日系人のアメリカでの地位を確立してくれたことは、間違いのない事実。
子孫のために、戦ったくれたんですよね。
日本の戦没者の方々も、同じ。
子孫である、私達が感謝しなくてはと思います。
アメリカ人の愛国精神を見るにつけ、日本の靖国問題など、問題が存在すること自体、本当におかしいと思います。


v-485kokualohaさん
アロハ~!
戦争で犠牲になるのは、人間や動物。
あの戦争で涙を流した人達は、世界中に山のようにいるんですよね。
しかし、戦争を仕掛けてくる国があるのも確か。
それを、抑止する力を国につけておくことが、平和にも繋がるんですよね。
そうそう、刺青に漢字使ってる人いますよね~。
エッ?なんて思うのありますね。(笑)
入れる以上は、ちゃんと調べてってね。


v-485えいと@さん
アロハ~!
ありがとうございます~!
この情報が欲しかったんです!
実は、私もどなたかのブログで、この東条さんの手紙の事を読みました。
4がこの422部隊の話しだったので、このことを記事にしたいと探したんですが見つからず。。
花うさぎさんのところに載せてくださっていたんですね。
良く目を通している、ブログなのに、ここ数日忙しくて訪問していませんでした。
日系人も日本人も、本当に大変な時代だったと思います。
でも、原爆、空襲。。
歴史をい知れば知るほど、日本人、良くぞ復活したと思います。

| モリオリママ | 2010/11/09 18:00 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT