モリー イン パラダイス + オリー<マウイの日々>

ハワイ・マウイ島に住むシーズー・モリーとオリーと日系家族の毎日

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グレイト・ジャーニー自分編<ミトコンドリア イブ>

先月末、ナショナル・ジノグラフィックのプロジェクトにDNAサンプルを送ったママ。。


その記事はこちら  「グレート・ジャーニー自分編」


その結果が出ました~!


DSC07448.jpg

証明書です。。

ママのミトコンドリアDNA(母方遺伝子)は。。


ハプログループ(特有遺伝子グループ)D


その、グレイト・ジャーニーの経路がこちら。。


DSC07445.jpg

赤丸は、分散されて集まっている地点です。

あれ、日本通ってないじゃないと、思われたと思いますが。。

その説明は、後ほど。。

このハプログループDは、日本人女性の35%ほどにあたるそうです。

要するに、日本人女性の三人に一人がこのグループです。





まず、現在の地球上の人類は、15~17万年前のアフリカに生まれた一人の女性の子孫だそうです。

彼女のことを、ミトコンドリア イブと呼んでいます。

このミトコンドリアは、母から子供にしか受け継がれないため、たどることが容易なのです。


もちろん、彼女以外にも女性はいたのに、どういう理由からか。。

このイブを母とした子孫だけが、サバイバーとなったわけです。


そして、このミトコンドリアの遺伝子は、進化の過程で、コピーミスが起こります。。


グループDは。。

ミトコンドリア イブ → L1/L0 → L2 → L3 → M → D

と変化していったようです。



なんと、グループDは南アメリカまで達し。。

アメリカのネイティブ・インディアンになっています。


さて、このジノグラフィックの地図で、グループDは、日本を通過していませんが。。

こちらをご覧下さい。。


以前、NHKで放送されたものだそうです。

DSC07446-vertx2.jpg

参考のサイトはこちら  「人類の起源」

現在の日本人の母方祖先をたどると、9人の母に行き着くそうです。

世界中では、15人の母だそうですので、日本人は多種多様な人類の集まり、ということですね。

そして、その9人のうちの一人。。

グループDの遺伝子を持つ母は、バイカル湖畔にいたようです。


上のジノグラフィックの地図でも、バイカル湖畔と現在の北京辺りに赤丸がありますね。


ここにいた、グループDが西へ移動し、日本にたどり着いたのでしょう。


そして、それがママの母方の先祖ということです。

グループDは、6万年前にグループMから枝分かれし。。

寒冷地適応をしているので、寒さに強く長寿とあります。

そして、色も白いそうです。

ママの母方の伯母さんや伯父さんは、皆90歳以上まで、長生きしています。

確かに、みんな色が白い。。


そして、この検査結果はママの母方の血縁の人たちとも共有できる結果です。

娘のお姉ちゃんにも、同じことで。。

プリントできるので、大切に保管し、後世にも伝えて行きたいです。

ジオグラフィックも、今後情報のアップディトもしてくれるようです。



アイダホのお友達からの、思いがけないプレゼントだったこのプロジェクト。

本当に興味深いです。

これをきっかけに、もっと色々な人類の歴史、勉強したくなりました。

特に日本人の起源など、本当に興味深いサブジェクトです。

今は、遺伝子研究の発達で、人類そのものだけではなく。。

人類について来るダニなどからも、移動がわかるとか。。

また、お米の遺伝子からも、すでに縄文と弥生時代の定説が色々覆されていますよね。


このプレゼントしてくださったT子さん。

すごく、歴史に精通されていて、ママの先祖の想像物語を作ってくださいました。


上手くまとめられたら、フィクションとして、載せようと思います。

中国の歴史も良く分かる、興味深い物語です。

お楽しみに~! 



3つのブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

br_decobanner_20091217185445.gif



blog tag






















           
スポンサーサイト

| ジオプロジェクト | 18:43 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT